Page 01


《KUSMI TEA》

北角さんからいただいたこのお茶には、「Kashmir Tchai」と書かれていて、インド・カシミール地方のお茶かな?と思ったら、その下に「Traditional Npalese recipe」と書いてある。どっちやねん!

6種類のスパイスと紅茶のブレンドなんだけど、詳しく書いてないので調べてみました。「シナモン片」「カルダモンの種子」「クローブの実」「乾燥しょうが」「アニスの種子」は分かったけど、もう一種類が分からない。
葉っぱを砕いているのでもしかしたらベイリーフかも。

「シナモン」「クローブ」「カルダモン」は、カレーの「ガラムマサラ」の基本形ですね。カレーが出来て火を止めて、最後に香りづけのために入れるスパイスです。

ちなみに、ネパールではお茶のことを「チャ」あるいは「チャー」と呼びます。だから、昔のカンテのメニューでは、「カトマンズ・チャイ」のことを「カトマンズ・チャ」と表記してました。





タツミさんに作ってもらったマンゴープリンは、香港レシピだそうです。

本に載ってた説明には、「香港では、練乳をかけて食べるのが一般的」と書いてあったそうで、僕のにも練乳をかけてくれました。

やわらかプリンにはマンゴーの実も入っておいしかったです。







前のページ



" Canbara Magazine " copyright (c) 2015 All RIGHT Reserved.



" New Canbara Magazine "表紙へ