[ 神原通信 ]

2024年1月21日(日

<『ベン・ハー』>

ベンハー

ブルーレイ画質★★★★★

今回は、年明けにふさわしい映画を買いました。『ベン・ハー』です。

画質は最高に美しい!!
「65ミリのネガフィルム を一コマ一コマリマスター」したそうで、「アラビアのロレンス」にひけを取らない出来映えですね。撮影はロバート・サーティース。1940年代から撮影監督として活躍し、この映画でアカデミー撮影賞を受賞しているので全編きれい!!

キリストの物語に主人公:ベン・ハーの人生を絡めた70ミリの超大作です。
宗教的な映画ではありますが、主題は「復讐劇」なので、分かりやすい。
監督が「ローマの休日」のウィリアム・ワイラーなので、丁寧に人間を描いてくれています。
役者もいい人が揃っています。

チャールトン・ヘストン・・この映画での演技は逸品です。

ジャック・ホーキンス・・「戦場にかける橋」でもいい演技をしていました。

スティーブン・ボイド・・「ミクロの決死圏」もいいです。

1959年公開の映画なので、リアルタイムでは観てなくて、1973年に大阪の「梅田グランド」で観ました。下がその時のチラシで、今でも大切に持っています。

ベンハー

このちらしの元ネタはもう少し格調高いです

ベンハー

この映画の上映時間は212分(3時間32分)。長さを感じさせない演出です。

ベンハー

この競技場のシーンはDisc2の序盤。約30分のアクションシーンが続きます。
このアクションを観るために買ったようなもの。
観た事ない方は観るべし!!

 

 

2024年1月1日(月

<我が家の愛兎:大吉>

大吉

ことしもよろしくおねがいします。

 


以前の日記はこちら


表紙

copyright 2024 canbara