[ 神原通信 ]

 

2019年3月25日(月

『夢のない男』>

 Apple MUSICで、音楽を「見つける」のが習慣になってしまっています。メールをチェックして返事を書くと、すぐにiTunesを立ち上げます。今は「ザ・モンキーズ」で検索を掛けることが多いです。彼らの全てのアルバムには一応目を通しましたし、今はボーナス・トラックを聴いたり、ソングライターは誰かな?と探すのが趣味になっています。「コレクター」とはそうしたもんです。(笑)

 で、今日はその中から『夢のない男』を選んでみました。この曲、聴く前は「どんな曲なんだろう?しょぼくれたおっさん(僕か?)の歌かなとか思いましたが、そうではなくて「君がいなくなって夢をもてなくなったから、帰ってきてくれ」とかっていう情けない男の歌でした。

インスタントリプレイ

モンキーズ版「夢のない男(A Man Without a Dream)」

 作ったのはゴフィン&キング。あのビートルズが憧れたソングライターコンビです。イントロがどこか聴いたことがあるメロディだなあと思ったら、思い出しました。ウォーカー・ブラザーズの「People Get Ready」です。R&Bですね。渋いです。同じじゃないけど。

ウォーカーブラザーズ版「People Get Rerady」(この曲はインプレッションズのカバー)

 なぜ、この曲を選んだんだろうと思って調べてみたら、この曲は「涙の街角(1969)」というシングル盤のB面として選ばれ、この曲をプロデュースしたのが、ボーンズ・ハウという人で、彼はタートルズ、アソシエーション、そして、フィフス・ディメンションなどをプロデュースしたそうで、インタビューによれば「当時は、メンバーがバラバラに曲を作っていて、その中のひとり、デイヴィー・ジョーンズをプロデュースする誰かを探していて僕に辿り着いたわけだ。僕はたくさんの曲をチャートに送ったから、それが何か関係していたんだろうけど、その時期にやってたことと同じようにやっただけ。」と素っ気ない。
 でも、けっこう僕は好きですね。この曲調。

 しかし、この曲はモンキーズ用に作られたわけではなくて、ライチャス・ブラザーズのカバー曲なんですね。だから、こんなに男っぽい曲調なんだと納得。

ライチャス・ブラザーズ版「夢のない男」(日本語の題名が悪いんだな、これ)

 さて、最後はこの曲を作った本人がやってたトリオ「The City」のアルバムからどうぞ。

ザシティ

ザ・シティ版「Man Without Dream」

これもいいなあ。

ついでに、ハル・ブレインのドラムをフューチャーしたバージョンをどうぞ。

モンキーズ版「夢のない男(A Man Without a Dream)」Alternate Take-14

 

 

 

2019年3月22日(金

インド土産のマサラチャイ>

 先日の「チャイレッスン&チャイカフェ』でサモサを作ってくれた八田さんから、デリーへ行った際のお土産で、2種類のマサラチャイをいただきました。

 マサラインド

 マサラ

 で、早速飲んでみたんですが、渋みもエグ味もなく、普通に美味しかったです。茶葉に比してスパイスがそれほど大量に入っているわけではないので、あっさり目に出来上がるので「ポットティーで飲めますよ。」という八田さんのお言葉通り、ミルクティーでもいけました。

 左側のスパイスは「ジンジャー、グリーン・カルダモン、シナモン、ローズ・ペタル、アニスシード、クローブ、ブラックペッパー、ブラックカルダモン」と8種類が渾然一体となっているので、クセのある香りはしませんが、裏の説明文には、「Mittal's Masara Teaは、伝統的なレシピに基づいて、アッサム茶とケララ地方のエキゾチックハーブをブレンドしたお茶です。」とあって、ちょっと上品な感じもあります。

 右側のお茶は、スパイスの表示はなく、単に「Selected Spices」とだけ表示してあります。パッケージの表面にはカップのイラスト、裏はポットのイラストがあるので、海外向けのようでもありますね。
 どちらも、4gを使ってチャイを作ってみたんですが、いつも僕が作っているチャイの濃さにはなりませんでしたので、あっさり目のチャイを飲みたい時には、ちょうどいいような気がします。

 さて、最近は、毎日違うレシピのチャイを作って、今後の僕のチャイの向かうべき道を探ったりしています。
 で、今日は、イギリスのPG Tipsのティーバッグを捌いて鍋に入れ、以前使っていた生姜の粒と、菊池さんからもらった「マサラ(sweet)」に入っていたシナモンブロックだけを取り出して、マサラチャイを作ってみました。以下はそのレシピです。

PG Tips 3g
シナモンブロック 1.5g
ジンジャーブロック(crush) 1.5g
130cc
牛乳(乳脂肪3.5%以上) 100cc
三温糖 6g

今回は、生姜のパンチの効いたチャイが飲みたかったので1.5g使ったんですが、茶葉3gに対してスパイスの合計:3gは若干多いかなとは思いましたが、けっこう生姜のピリ辛が効いて美味しかったですね。それに、改めて思うんですが、PG Tipはマサラチャイにするとけっこうコクもあり、3gで十分美味しく飲めます。今まで使ってきた茶葉で、僕の「神原チャイ」以外なら、菊池さんからいただいたCTCの茶葉(細かい粒の方)とこのPG Tipsが最近のお気に入りです。

 PG Tipsはネットで買えますが、ちょっと注意が必要です。日本用にアレンジしたものは、ティーバッグの内容量が少ない物があります。それとか、「PG Tips STRONG」は味が違うので買う時は「ORIGINAL」と書いてあるものを買ってください。


 
 

2019年2月11日〜3月12日までの日記はこちら

2019年1月10日〜2月6日までの日記はこちら

2018年1026日〜1224日までの日記はこちら

2018年1013日〜1123日までの日記はこちら

2018年7月5日〜10月12日までの日記はこちら



表紙

copyright 2019 canbara