できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その06:カンテ資料館<看板猫『プラオキャット』の誕生>

プラオキャット

プラオキャット2

 今回は、その昔「カンテ」の看板用に作った「素焼き猫:プラオ・キャット」についてお話します。
写真左から
写真1)「カンテ」の井上さんは、インド・グジャラート州のアーメダバードへ行った時、写真の手前に写っているような素焼きの人形が欲しくて20体ほど注文したのですが、間違って後ろにポツンといる猫のような置物が10体ほど混じって届いてしまったことがあったんです。
 「こんなの買った覚えはない。」ということでしたが、送り返すわけにもいかず、仕方なくカンテ用の置物として使ったんですが、僕はその中の1体の顔にある種のシンパシーを感じ、旧中津本店の中庭に置いて、レフ版を立てて撮影したのが、写真2です。

写真2)この猫(?)だけ目と口の位置が絶妙で、他のはかなり怖い顔になっていたので、僕が好きだったのはこれだけでした。今はもう壊れて影も形もありません。

写真3)写真2を元に、造形作家の白川君に作ってもらったミニチュアがこれです。後にこれを「プラオ・キャット」と命名しました。
 「プラオ」というのは、インドの炊き込みごはんのことで、それに目玉焼きを載せた「エッグ・プラオ」というのが「カンテ」のメニューにあるんですが、カンテの看板猫を製作中に「猫にプラオを食べさせたらいいんじゃない?」という井上さんからの提案により、写真3が完成しました。プラオも椅子もスプーンも白川君で、テーブルと撮影は僕。

写真4)この猫のフィギュアをティータイムに設定したのがこちらで、ポットとカップも白川君。とてもリアル!!

写真5)バックは、僕の希望でインテリア本に載ってた家具を作ってもらいました。

写真6)写真3の背景を消して、伝票にしてみました。これは、いつみても凄い。これ、カラー印刷のように見えるけど、実はスミと赤のダブルトーン印刷です。

そして下の写真7)写真5と色合いが違うのは、ネガフィルムからプリントしたものをカラーコピーして、それを印刷原稿としてポストカードを作ったので、少しブルーがかって見えて、レトロっぽい。これはこれで好きです。

カード

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com