できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その7:カンテ資料館<かつてあった100円割引券・1986年>

割引券鳥

 「カンテ」は今でも来店してくれたお客さんに割引券を配っています。今は「50円割引券」ですが、2000年以前は「100円割引券」でした。今回の絵は、「カンテ・グランデ 大阪マルビル店」のOpen記念割引券の裏面のデザイン。
 全くOpenを思わせないこの鳥のデザインは、カンテに来たお客さんに渡すのが前提なので、じっくり見ると意味が分かってもらえるけど、これをカンテを知らない通りすがりの人に渡しても何の事だかさっぱり分からない。
でも、これが僕のイメージしている「カンテ」。
 意味が分からなくても、デザインの面白さでもう一回来てくれるかもしれない、と勝手に思ってる(た)。
 「カンテの余裕」の具体化、といえばかっこいいかな。
 鳥の大きさと線の荒さ、各店の名前と電話番号を小さくして、「Cante G'S CHAI SHOP」が分かればいいようにしたデザイン。
 もちろん表(おもて)面は、カンテの新店のOpenと100円割引券であることが分かるようにはしていますが、こういう裏面もあってもいいかなと。
単にデザインだけの裏面。
今見ても、僕は好きです。

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com