できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その9:カンテ資料館<「NP」と初代「秘密基地(あるいは神原部屋)」>

NP

NP2

 1982年のことです。カンテのオーナー井上さんの所有する店舗用の借家が、カンテから歩いて数メートルのところにあり、そこを喫茶の倉庫として使っていたんですが、前年にアパレル部門「NP」を始めたこともあって、倉庫を改造して服の店舗兼倉庫にしたのが「NP中津店」です。
 店舗は中が見えるようにガラス張りでしたが、お店の正面には何の説明もなく「NP」と桃のマークがあるだけだったし、それに人通りも少なかったので、1日のお客さんは、5人ぐらいだったと思います。ま、はっきり言って売り上げには期待していなかったんですね。卸をやっていましたから、地方のお店の人が来た時に、卸値でたくさん買ってもらえれば、それでよかった。そういう場所だったんですね、ここは。

 店内は、一応そのシーズンの服は掛けられていましたが、ここにも何の説明もなく、店員(僕)は「いらっしゃいませ。」も言わなくて、店の奥で黙々と仕事(服の在庫チェックとか)をしているだけで、一旦入って来たお客さんも、一通り見たらすぐ出て行く、というような素っ気ないお店でした。
 だって仕方がないです。僕はアパレルなんて本来興味がなかったのに、「ここで紅茶の仕事をするついでに服を売れ」と言われたんですから。それに売り上げの目標もなかったし。
 さて、その店の奥には僕の仕事部屋があり、カンテの喫茶の人達がやりたくない仕事(日報の整理、紅茶の袋詰め、印刷物の発注、BGMのテープ作成等、メニュー制作、撮影)や、紅茶やアパレルの卸業をバリバリとこなしていました。表向きは服屋だけど、実は僕の秘密基地というわけです。
 写真は、1991年12月のものですが、この翌年、東京でデビューを果たしたウルフルズは迷走状態だったといいます。
 たぶん、その頃だと思うんですが、ある日、松本くんから電話があり、「今度大阪行く時に、ウチの事務所のヤツを連れて行きますわ。神原さんが作ってるカンテのメニューやチラシの話をしたら興味を持ったみたいなんで。」ということでした。

 数日後、松本くんが連れて来てくれたのが松田義人くんで、彼は事務所「タイスケ」の社員で、ウルフルズの会報を手描きで作っているらしく、その日、何冊かいただきましたが、その手書きっぶりからは凄まじいエネルギーを感じました。
 僕が作ったメニューや割引券やマッチを見せたら、すごく乗って来てくれて、印刷物でこんなに盛り上がれるなんて、それまでのカンテではないことでしたね。

この時の松田くんが25年後、僕の本を作ってくれるなんて、想像もしませんでした。

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com