できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その12:カンテ資料館 <「ゴム印」に寄せる想い>

スタンプ

 僕はカンテに入る前から「スタンプ好き」で、実物は持っていませんでしたが、アメリカの色んなスタンプを集めた洋書を持っていたりしました。
 だから、カンテでハンコ(ゴム印)を作る仕事は僕に役目が回ってきました。
 カンテの領収印とかは、正規の判子屋さんで作ってもらったりしていましたが、値段が意外に高かったこともあり、そのうち文房具やさんで簡易に注文ができることを知り、自分でデザインしたものや、インドの木のハンコから起こしたものを原稿にして、ゴム印を注文していました。原稿の面積で金額を割り出していたので、安いもので1個700円ぐらいだったと思います。

砂時計

 スタンプを作ると、ホールの女の子たちは喜んでそれを使ってくれました。一時ケーキの箱に模様のようにスタンプを大量に押すというのが流行ったことがありますね。中々もんな個性的でした。なかには、砂時計に魚のスタンプを押したものがあったりして、これ専用に印刷したみたいでよく馴染んでいました。

ヨックモック

 今までに作ったハンコたちはヨックモックの缶に入れられ、新しい店ができると、そこにもらわれていったりもしました。そして、その元原稿となった木のハンコは、僕のコレクションとして瓶に保管していましたが、さて、今はどこに行ったのか、行方知れずです。

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com