できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その15:カンテ資料館 < 神原部屋2006>

神原ルーム

純一君の個展:Junichi の "I Like Drawing"は、カンテで10回行われました。
Act.1 ・・・1997.12
Act.2・・・1998.1
Act.3『PEZ展』・・・1998.7
Act.4『Boys and Girls』・・・1998.12
Act.5『Friend』・・・1999.7
初の作品集 "JUNICHI "(マガジンハウス刊)2000.3

オリーブ広告
雑誌「オリーブ」で2週続けての広告

出版記念個展開催(東京ロゴスギャラリー)・・・2000.4
Act.6『Angel in New York』・・・2000.4
Act.7『Collaboration "2 days"』・・・2000.8
Act.8『Be』・・・2001.3
作品集 Vol.2『JUNICHI 2号』・・・2001.3
Act.9『I Love This Place 』&『Masterpieces』・・・2001.11
(2か所で開催)
 そして、その5年後、カンテで最後の個展
Act.X『MIX』を開催した2006年9月の直前に撮影したのが、今回の写真です。なぜ、撮影時期が分かるのかというと、モニターの画面には『Act.X用の2007年カレンダー』の表紙が映っているからですね。
 この部屋は、以前紹介した僕の「秘密基地」の2代目、カンテの新しい中津本店の中にある僕の仕事部屋でした。
乱雑さが懐かしい。
手前の白い箱にはマッチが入っています。たぶん、この頃は、オリジナルのマッチじゃなくて、道具屋筋で買って来たマッチにハンコを押して配っていたように記憶しています。

 その奥がティファールとラミネート加工の機器、今でも使っているバーバパパのタイマー、エプソンのプリンターPM4000-PXはカレンダーをプリント中、MacのG5、その右側にページプリンター、壁にはJunichi君からもらった『バットマン・カレンダー』、等々。
 お客さんが来ると、だいたいパソコンの前の椅子に座ってもらって、長々とおしゃべりが始まったものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「451BOOKS」さんと知り合ったのも、この時期だなと思い、過去の記録を見たら、2005年のメールが見つかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お茶の卸について>
カンテ・グランデさま

はじめてお便りいたします。
突然ですが、お茶の卸について、お尋ねしたく、メールを書かせていただきました。
これから、私たちは、岡山の玉野市というところで、小さな古書店を開く予定にしています。
そこで、小さなコーヒーと紅茶の飲める場所を作りたいと考えております。
お店で飲める紅茶もお客さんに買っていただくような事もできたらいいなと思っているのです。
(中略)
カンテで飲むお茶は20年くらい前(大学生だった頃)からずーっと大好きで、今でも、大阪に行くたびに行かないと何か忘れ物をしたような気持ちになってしまいます。
よろしくお願い致します。
706−0222
岡山県玉野市八浜町見石1607−5
451ブックス      根木有紀
              電話 0863−51−2920

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「451BOOKS」さんとは、これ以来の付き合いで、今年は、「チャイの旅」出版時に、ワークショップの出来る場所として、岡山市内の「ピエニ」さんを紹介してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

根木有紀さま

「ワークショップ」当日は、洗い物までやっていただき、ありがとうございました。
そして、「イチョウ並木の本まつり」に誘っていただきありがとうございました。
Facebookで、僕の個人史を書くきっかけも与えてもらい、ありがとうございました。
10月28日(土)当日は、雨にも関わらず、たくさんの人が僕のブースにも来ていただきました。お昼には、「ブックトーク」という僕の本を宣伝する場所まで与えてもらって、ありがとうございました。
持って行ったアイスチャイや茶葉やお菓子もたくさん売れ、10冊の「チャイの旅」は完売し、当日買えなかった人達はAmazonで買ったらしく、5日後の今日も、飲み物のランキングでトップ10入りが続いています。
僕のブースをお手伝いしてくれた福江さんとも楽しい時間を過ごす事ができ、忘れられない一日になりました。
ほんとうにありがとうございました。

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com