できるまで

第二章:カンテでの楽しかった日々

その17:カンテ資料館 <チャイ袋へのこだわり>

チャイ袋1

チャイ袋2

ヒゲ親父

 カンテのチャイ用の茶葉は、元々はこんなパッケージで売られていました。(もっと古いパッケージは、アルミパックに直接シールを貼ったもので、何だか寒々しいものでしたが。)
売り出された頃の紅茶売り場の写真があります。
下の方に、チラっと見えますね。
このパッケージの「ひげおやじ」には、得体の知れないものを感じます。「カンテのオーナーですか?」とか訊かれたこともありましたが、「そうです。」と答えた事もあります。

しかし、この人はほんとうは誰なのか?
実は「HIMTAJ」というインドの「ヘアオイル」の会社のキャラクターなんです。
その事実を知ったのは、この記事を書く少し前のことですが。

 時を遡る事、数十年。1986年にネパールへ行った時のことです。ひとりでカトマンズ市内から、宿泊していた「ペンション・バサナ」まで歩いて帰る途中、道ばたで雑貨を売ってるお店がありまして、そこでこのおじさんの絵が描かれた箱に「グッ」と来て、使いもしないヘアオイルの瓶がはいった箱を買ってしまったのでした。
 宿に帰って、屋上に箱を持って行き、撮影したのが、次の写真です。
カラーで見ると、また雰囲気が違いますが、いい感じです。
で、顔のところだけ切り抜いて作ったのが、チャイの袋というわけですね。
しかし、このイラストを無断で使うことにも限度があるので、後に、Junichi君のイラストに変えて、現在に至ります。

アタ

 先日、この「ひげおやじ」の正体を知りたくなって、パッケージに書かれた「HIMTAJ」という単語で検索したら、なんと「ロゴマーク」だったのです。
しかし、昔とは絵が違う!イラストが単純化されてる!!

ヘアオイル

だけど、これはダメです。僕の趣味じゃない。
ヒゲをはやした女性のようで、イヤです。

 

前ページへ  前説&目次へ  次ページへ

copyright 2017 canbara  canbara1954@gmail.com